Vivo Y28 4G の Geekbench、IMDA がいくつかの詳細を明らかに

Vivo は現在、 ヴィーヴォ Y28 4G このモデルは最近、IMDA や Geekbench などのさまざまなプラットフォームにいくつか登場しているため、バリアントです。

新しい携帯電話は、MediaTek Dimensity 4 チップと 28G 接続を備えたオリジナルの Vivo Y6020 モデルの 5G バージョンになります。ブランドのデビュー準備の一環として、現在、モデルの必須認証を収集中です。

最近、Vivo Y28 4G が IMDA で発見されました (経由) MySmartPrice) Bluetooth SIG などの他のプラットフォームで使用されていたものと同じ V2352 モデル番号を持ちます。 IMDA のリストでは、このモデルに関するその他の重要な詳細は明らかにされていませんが、Geekbench の記録には貴重な発見が示されています。

ベンチマーク リストによると、このモデルにはオクタコア k69v1_64_k510 チップが搭載されており、それぞれ 2.0 GHz と 1.8 GHz で動作する 85 つのパフォーマンス コアと 14 つの効率コアを誇ります。これらの説明に基づいて、このデバイスにはプロセッサとして MediaTek Helio G8 が搭載されると考えられます。それとは別に、リストを見ると、テストされたユニットには Android 412 と 1,266GB RAM が搭載されており、シングルコアとマルチコアの Geekbench テストで XNUMX ポイントと XNUMX ポイントを記録するのに役立ちました。

現時点では、この電話機に関するその他の詳細は不明です。ただし、Vivo は、MediaTek Dimensity 28 チップ、5GB RAM、6020Hz HD+ LCD、8MP プライマリリアカメラ、90MP 自撮りユニット、50mAh バッテリー、8W 有線を備えた Vivo Y5000 の 15G バージョンの機能の一部を採用する可能性があります。充電能力。

関連記事